漫画喫茶を利用して充実した休日を過ごそう!

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットカフェの歴史

ポイントカード

ネットカフェは1990年代のアメリカから始まったといわれています。当時はまだパソコンがそこまで浸透していない時代でありネットゲームも存在していませんでした。そのため、メールでのやり取りやネット上での議論の場として存在していました。しかし、時は経ち、インターネットがさかんになると、一家に一台パソコンが有るのが当たり前になり始めてきました。ここから、ネットカフェはさらに進歩していくことになります。
日本では同じく90年代に秋葉原などの電気街にネットカフェができました。しかし、2000年代になるとパソコンはどんどんと安価になり、ネットも家で手軽に行えるようになり始めます。そこで、ネットカフェは漫画喫茶と併用した場所へと変貌しました。読書やインターネットが出来る場所になったネットカフェは、暇つぶしの場所に最適であるとされ、多くの人のニーズに答えていました。そして、ネットゲームが流行るようになればネットゲームが快適に楽しめるスペックのパソコンを用意したり、より快適に過ごすためにいろんな設備を準備したりと、ネットカフェは独自の進化を遂げていきました。そのため、現在はインターネットが出来る他、読書や食事、宿泊など様々な用途に使用可能な設備へと成長しています。なお、世界で最もネットカフェが盛んなのは韓国や中国といったアジア方面です。韓国や中国、台湾などはネットゲームが盛んであり、自宅よりもむしろネットカフェで行われていることが多いです。